未経験から新規就農を目指す

実家が農家なわけでも、農業関係の仕事に従事していたわけでもない素人がゼロから農業の知識を習得し、新規就農を目指すブログです。

よつぼしイチゴの室内栽培での利益計算

f:id:vegetable-garden:20190123204919j:plain

 

現在、イチゴ60株に対して、1ヶ月で4,000~5,000円の電気代がかかっています。

 

草は成長し、花は咲きます。受粉も問題ありません。

しかし、受粉後、どうしても大きくならず、赤くもなりませんでした。

 

おそらく電気代を3倍は払うのを覚悟すれば、イチゴは赤くなると思います。

しかし、月15,000円×12ヶ月=18万円になってしまいます。

 

しかも、この電気の強さは私の勘なので、もっとコストはかかるでしょう。

 

イチゴは1株当り20個取れるらしいので、60株×20個=1200個 収穫できます。

 

1パックに12個入れるとしたら、100パックできます。

 

平均的にスーパーでは500円前後で売られているので、売り上げを計算してみると、

 

100パック×500円=5万円 になります。

 

利益は5万-18万で マイナス13万

おー、すごい赤字。無理ですな。

 

部屋が南向きで日照時間が確保でき、さらに日光が強い地域でないと室内では厳しいでしょう。

 

九州、四国、東海あたりでは出来そうな気がします。

 

 

 

f:id:vegetable-garden:20190123203237p:plain

植物工場でイチゴを作っている企業にイチゴカンパニーという会社があります。

 

値段がびっくり。

 

f:id:vegetable-garden:20190123203336p:plain

 

 

一粒700円以上します。

 

植物工場の建設費用と電気代が価格に反映されていますね。

 

私の計算を見れば分かるように、これぐらいしないと潰れてしまいます。

 

無農薬なのは良いですが、さすがに買えないです。

 

おいしさもそこまででしょう。

 

 

 

 

 

 

でも、食べてみたいなぁ。