未経験から新規就農を目指す

実家が農家なわけでも、農業関係の仕事に従事していたわけでもない素人がゼロから農業の知識を習得し、新規就農を目指すブログです。

2019年 農業大学校 新規参入者研修 1日目

 

 

 雪道でも事故を起こすことなく、無事に北海道立農業大学校に到着することが出来ました。

 

 初日は農業大学校教務部の部長から、【北海道の農業情勢と農家の現状】についてお話がありました。

 

 受講生のほとんどは本州からの参加者であるため、北海道の農業の大枠を掴むのには最適な講義でした。

 

 その後は、日本政策金融公庫の担当者から農業経営開始時から5年間の計画の重要性について説明を受けました。

 

 参加者の多くは2年後か3年後に独立して農業を開始する予定ですが、農地の問題や金銭面の問題があるため、なかなかイメージしにくい人もいるように感じられました。

 

 

 参加者は下川町、砂川町、石狩、鷹栖町などでした。施設園芸や養液栽培など私がやったことの無い作物や手法で研修を受けられている方もいらっしゃいました。

 

 色々と情報を交換して、みんなで成功して行きたいと思います。縦のつながりだけでなく、横のつながりも大事ですからね。